MENU


お電話からのお問い合わせ
インターネットからのお問い合わせ

導入事例

導入事例

商品に使用するカレー粉の仕入れ先が倒産してしまい、同じ味を再現してくれる会社を探していたA社。元々単品のスパイスだけを取引していた弊社にカレー粉を持参され、「これと同じものを作ってほしい」と依頼されました。

弊社はお客様の手元に残っていたカレー粉をお預かりし、営業部・品質管理部が共同で試作を開始。ご依頼から1週間ほどでカレー粉を完成させました。

しかし、何回もの試作を繰り返して完成したカレー粉はコストが高すぎるという結果に。。。
お客様のご要望にお応えするべく、カレー粉の大半を占めるターメリックの産地を変えることで価格を抑えられないかと考えました。

輸入商社や仕入れ先などに問い合わせては、ターメリックを取り寄せ比較検討すること1か月。。。

何種類ものターメリックを比較し、味・香りが一致するコストの低いターメリックを見つけ、出来上がったカレー粉をお客様にお届けすることができたのはご依頼を受けてから約2か月後のこと。ご依頼の中には1年単位で時間がかかるものも少なくありません。特に最近はどの業界も高齢化が進んでおり、会社をたたまれるのに伴って今回のようなご依頼をいただくことが増えてきております。

コラム

商品開発の流れは、ターゲットとなる商品(この場合はカレー粉)をお客様からいただき、人の嗅覚・味覚・視覚を使って商品の香りや味を再現していき、平均で5回~8回ほど試作を繰り返すというもの。競合店の味や流行の商品など、依頼内容は業種やジャンル問わず広範囲にわたる


デパ地下のお総菜売り場に毎週通うB社の社長。生肉のオリーブオイル漬けに目を付け試食をするととても美味しく、自社でも販売したいと考え、弊社に生肉とオリーブオイルに合うスパイスを提案して欲しいと依頼されました。

お客様の中には「美味しさ」のイメージがあるものの、社長から聞き出せたのは「ガーリックの香りが強い、オリーブオイル漬け」という情報のみ。

そこで弊社ではデパ地下の商品をネットで検索し、類似商品からいくつか候補を絞り、その商品が「誰に」「どんな用途で」提供されているかを考察。

今回は「デパ地下」=「特別なごちそう」「女性」のイメージと、「ガーリックとオリーブオイル」=「洋食」のイメージで人気のあるメニュー「香草パン粉焼き」「ハーブチキン」に候補を決め、そのメニューに合うスパイスを試作。

デパ地下でお惣菜を購入される女性は「健康志向なご婦人」や「見栄えの良い料理を好む若い女性」が多いと予想し、塩分や辛みは控えめに、あくまでスパイスの香りを楽しんでいただけるように調整しました。

お客様にそれらの情報やメニューのレシピを付けて試作品をお送りすると大変喜ばれ、その結果、採用していただくことができました。


導入事例メニュー

スパイスでお困りなら
ムアー食品にお任せください

新しい味の開発や、現場の人手不足の解消など、スパイスに関することでお困りなら、弊社までお気軽にご相談ください。



お問い合わせ

商品についてのご質問や、オリジナルスパイスの製造・開発のご相談など、
スパイスについてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

お電話からのお問い合わせ
インターネットからのお問い合わせ